美容室・美容院トップ女子力アップ > 睡眠の質を高めてリセットしましょ!

睡眠の質を高めてリセットしましょ!

f9d455ad1897bb41c68e440daa03aa5d1
 
 
 
毎日忙しく働いている女性。
 
 
知らないうちに
 
ストレスを溜めてしまって
 
疲れているのに眠れない、
 
眠りが浅い・・・
 
など、睡眠に関する悩みを抱えている
 
女性が多いようです。
 
 
では、良質な睡眠をとるには
 
どうしたら良いのでしょう??
 
 
 

自分の睡眠の質を知る

 
 
 
起きたときに頭や体がすっきりしている、
 
日中を快適に過ごせると
 
実感できていれば、
 
良質な睡眠がとれている証拠。
 
 
他にも
 
寝つきが良いか、
 
途中で目が覚めないかなども
 
チェックしてみましょう。
 
 
 

睡眠の質を高める3つのテクニック

 
 
 
快眠のカギとも言える
 
睡眠ホルモンである
 
セロトニンを日中増やす
 
行動をすると、
 
夜ぐっすり眠れます。
 
 
 

~方法その①~

 
 
 
朝起きてすぐに目の中に
 
光を取り入れると、
 
約16時間後には
 
睡眠のとりやすい体に☆
 
 
朝の光だと、
 
15分~20分程度で十分です!!
 
 
 

~方法その②~

 
 
 
大切な人と手をつないだり、
 
ハグをしたり、
 
ペットとじゃれあったりするなど、
 
ふれあいの事を
 
『グルーミング』
 
と言います。
 
 
このグルーミングで
 
オキシトシンという
 
ホルモンが分泌され
 
夜、穏やかな気持ちで
 
眠りにつくことができます。
 
 
 

~方法その③~

 
 
 
激しい運動ではなく、
 
ゆっくりと呼吸をしながら、
 
一定のリズムで筋肉を動かす
 
ヨガを行うのがオススメです♪
 
 
起きているときと寝ているときとの
 
体温差が大きいほど、
 
ぐっすりと眠ることができます。
 
 
特に17時~19時ぐらいまでに行うと
 
さらに体温がアップして
 
効果が期待されます。
 
 
 

睡眠ホルモンのリズムを崩さない

 
 
 
昼寝や寝だめは睡眠改善には
 
良くないものです。
 
 
睡眠が足りていない場合には、
 
14時~15時までの間で
 
15分~30分の昼寝だと
 
睡眠改善の邪魔にはならないそう。
 
 
週末の寝だめやダラダラと寝続けて
 
しまうのもよくありません。
 
 
たっぷり寝たい時は、
 
寝る時間を2時間早めることで、
 
毎日の起床リズムを
 
崩さないようにしましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
暑くなると、
 
なかなか寝付けなかったり、
 
目が覚めてしまったり
 
することがあるかと思いますが、
 
3つの簡単テクニックで
 
良質な睡眠をとるようにしましょう。
 
仕事もテキパキしながら、
 
プライベートも楽しんでいる女性は
 
睡眠の大切さを知っています。
 
 
以前ご紹介した
 
『オフ活』
 
もオススメですので、
 
ぜひ試してみて下さい!!