美容室・美容院トップ女子力アップ > 美肌を目指すと・・・汚肌が進行?

美肌を目指すと・・・汚肌が進行?

5
 
豊富なビタミン、酵素、ポリフェノール、食物繊維も豊富な野菜は、
 
美肌とダイエットの心強い味方です。
 
敏感肌や乾燥肌の方は乾燥が大敵なのに、
 
肌刺激にならないコスメを探すのは大変ですよね(>_<)
 
そこで、体の中からのケアを意識し、
 
毎日の食事に野菜や果物を組み込んでいる方も多いのでは?
 
でも、キレイの源とされる野菜や果物が原因で、
 
却って汚肌を進行さえてしまうこともあるんです。
 
 
 

キレイ女子の味方、トマトが肌荒れを招く

 
美白に抜け毛予防にダイエットにまで使えるトマトは、
 
キレイ女子の必須アイテムのような存在です。
 
一般的には美容効果の非常に高いトマトですが、
 
アトピーや乾癬などの皮膚疾患を持っている方の場合は、
 
トマトを含むナス科の植物を食べると、症状が悪化してしまいます。
 
実はナス科の植物には、炎症や痒みを増幅させる性質があるので、
 
ナスはもちろん、トマト、ピーマン、じゃがいも、唐辛子、ししとう等は
 
避けるようにしましょう。
 
 
 

ビタミンたっぷりでも、果物の食べ過ぎは要注意

 
砂糖は肌のくすみやシミの原因となります。
 
そのため、たっぷり砂糖の使われたスイーツを我慢し、
 
果物を食べているという方も多いのでは?
 
果物の甘みは果糖がメインだから、
 
肌糖化(体内に存在する糖分が原因で引き起こる老化現象)はしにくいと
 
思ってしまいがち。
 
でも、果物にも炭水化物(食物繊維と糖を併せた物)が多く含まれているため、
 
食べ過ぎれば当然肌糖化は起こってしまいます。
 
さらにバナナ、アボカド、キウイフルーツ、マンゴーなどは、
 
アレルギー症状を起こしやすく、アトピーや乾燥肌を悪化させやすいので、
 
心配な方は控えた方が良さそうですね。
 
○○が美容に良い!
 
と聞くと、つい頼ってしまいたくなりがちですが、
 
敏感肌の方や皮膚疾患を持っている方は特に、
 
それだけを大量摂取するのは控え、
 
色々な種類のものを少量ずつ摂取するようにしましょう。