美容室・美容院トップ女子力アップ > 『 デブ菌とヤセ菌 』

『 デブ菌とヤセ菌 』

2.20-womanbeauty-hirukatsublog16
 
食べるとすぐに太ってしまう。
 
食べた分だけしっかり身になるから……と、
 
ダイエットをし続けている人も多いはず。
 
 
でも、食べているのにぜんぜん太らない“ヤセの大食いさん”がいるのも事実。
   
 
そのちがいは、腸内の“デブ菌”と“ヤセ菌”に秘密が!
     
   

“食べてすぐ太る人は、腸内に “デブ菌” が多い!?”
 
       
    
“デブ菌”という言葉を知っていますか?
 
太る原因といえば、食べ過ぎや運動不足を思い浮かべますが、
 
実は腸内に潜むデブ菌が大きく関係しているのだとか!
 
デブ菌は腸内のファーミキューテスという細菌の異名なのですが
 
食事からのエネルギー回収率が高くなり、
    
“太っている人の腸内には、デブ菌が多くあり、肥満につながる”
 
と言われています。
   
恐るべし、デブ菌!
      
   
     
“ “デブ菌”があれば、救世主“ヤセ菌”もある?!”
      
    
そんな“デブ菌”に対して、太りにくい体質になる痩せる菌も存在します! 
 
乳製品、納豆・味噌・漬物などの発酵食品に含まれている善玉菌のなかには、
 
肥満を予防する効果が認められている菌もあり、
 
通称“ヤセ菌”とも呼ばれています。
   
     
人の腸内には、なんと数百種類、数百兆以上もの細菌が住んでいます。
 
悪玉菌と善玉菌が混在しており、
 
その善玉菌の中でも食べても太りにくい体質になれる
 
ヤセ菌の代表格が“ビフィズス菌”。
 
誰でも一度は耳にしたことがあるのでは???
   
 
      
“ “ヤセ菌”を増やせば、食べても太りにくい体質に!”
   
   
   
人の腸内細菌のうち、平均10%~15%程度のビフィズス菌が存在。
        
ビフィズス菌を増やすには、オリゴ糖や食物繊維を多く含む野菜、
 
ヨーグルトや乳製品などから摂取することができます。
    
    
でもビフィズス菌ならなんでもよいとは限りません。
 
 
最近、注目のビフィズス菌は “ビフィズス菌 B-3” 。
     
  
太りにくい体質になるためには、
 
抗肥満作用がある“ビフィズス菌 B-3”をはじめ、善玉菌を摂取して、
 
よりよい腸内環境をつくることが大切。
 
ひとことで痩せるといっても、それぞれの菌には個性があり、
 
身体へのはたらきも違うので
 
ヨーグルトや発酵食品、サプリメントなど
 
自分に合うヤセ菌を探すことが重要!!
 
   
運動・食事に加えて、腸内環境を整えることがダイエットには不可欠!
 
 
さっそく、今日からヤセ菌を増やす習慣を始めて、
 
理想の体型を手にいれましょう!