美容室・美容院トップ女子力アップ > 1つでは足りないかも?!

1つでは足りないかも?!

e8f893dbe32cf04e5c8b3a67275702d2_m
    
       
歳とともにどんどん出てくる
 
しみ・くま・ニキビ跡
   
   
隠しても隠しても隠しきれないことも・・・
  
   
コンシーラーの選び方・使い方
 
間違えて使っていませんか??
  
  
えっ!どれも一緒じゃないの??
 
 
と思った方・・・必見!です。
   
   
    

コンシーラーの種類について

    
まず、コンシーラーの基礎知識を。
   
テクスチャーがかため(固形スティックやペンシル)なほど
 
カバー力が高くなります。
 
かたいものほど粉が多く含まれヨレやすくなる傾向が。
 
コンシーラーを使いたい場所が顔の動きの多いところ(目元・口元)なら、
 
液状などやわらかめのコンシーラーを。
 
動きの少ないところ(頬・おでこなど)はかためのコンシーラーを。
 
悩みや、つける場所でベストなものを選んでください♡
    
    
   

目元のくまを隠したい

    
目元のくまを隠したいときには、
 
筆タイプなどの液状コンシーラー!!
 
目元はまばたきや表情の変化など動きが多く、化粧ヨレしやすい部分。
  
かためのコンシーラーを使うとヨレやすく、
 
くまが余計に目立ってしまいますので要注意!
  
色は自分の肌色より少し明るめを選ぶと、目元が明るく見えます。
   
ちなみに、茶くま(しみなどで茶色っぽいくま)はイエロー系かベージュ系、
 
青くま(血行不良・寝不足でできる青~グレーっぽいくま)は
 
オレンジ系を選ぶと目立ちにくくなるのでGood!
    
    
    

しみ・そばかす

    
しみ、そばかすなどは、硬度があってカバー力のある
 
スティックなどの固形タイプのコンシーラーでカバーがおすすめ♪
 
色は明るめを選んでしまうと逆に浮いて目立ってしまうため、
 
自分の肌色よりすこし暗めを選ぶとOK!
   
    
    

ニキビ・ニキビ跡

    
小さなニキビ跡などピンポイントで隠したいときは、
  
カバー力のあるペンシルタイプなど固形タイプがおすすめです。
   
ニキビやニキビ跡が広範囲にわたる場合や
  
全体的に赤みがある場合は、コンシーラーではなく
  
コントロールカラーを使ってみてください。
   
グリーン系の色味を選べば、肌の赤みを隠してくれます。
    
    
   

使うタイミング♪

    
コンシーラーを使用する順番ですが、
   
パウダーファンデーションを使っている人はファンデーションの前に、
 
リキッドファンデーションを使っている人はファンデーションのあとに
 
使うとキレイに仕上がります。
    
   
   
コンシーラーを使いたい場所や悩みにあわせて
 
ベストなものをチョイスしてください♪
   
さらなる美フェイスを♡