美容室・美容院トップ女子力アップ > タンパク質を控えすぎると・・・

タンパク質を控えすぎると・・・

9.1-womanbeauty-blog95

ダイエット中はカロリーを気にして肉や魚を控えがちです。
 
しかし、カロリーを気にしすぎて控えると、
 
タンパク質が不足して実はやせにくくなります。
 
 
 

やせるためには


タンパク質が必要脂肪を燃やすには筋肉が必要。
 
その筋肉を作るためにはタンパク質が必要です。
 
体重1kgあたり1gほどのタンパク質が摂取目安です。
 
肉や魚にはタンパク質が豊富に含まれていますが、
 
これらを控えると筋肉が減ってしまい、代謝が悪い体になります。
 
体重は減るかもしれませんが、減っているのは筋肉で、
 
筋肉が減って代謝が悪い状態でもとの食事に戻すと、
 
リバウンドする可能性があるので要注意です。
 
 
 

カロリーを抑えるには


カロリーは気になりますよね。
 
カロリーが気になる場合は、肉よりも魚を選んだり、
 
油を使わない蒸す、煮るなどの調理を選びましょう。
 
肉でも脂身を避けるようにすると、摂取カロリーを抑えることができます。
 
また、大豆は畑の肉といわれていてタンパク質が豊富です。
 
低カロリーなのでカロリーが気になる人に適しています。
 
食品によってアミノ酸バランスが違うので、3食で毎回違う食品を食べましょう。
 
昼にアジを食べて夜にイワシを食べるといった魚の種類を変えるのではなく、
 
たとえば朝納豆を食べたら、昼は生姜焼き、夜は焼き魚と
 
いったように毎回違う食品にすることがおすすめです。
 
 
食事内容を見直して、やせやすい体づくりを目指しましょう♪